スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
Honda Racing F1、マシンバランスに苦心
2007-04-12 Thu 14:02
ウテナ ピュアジェル100 80g (2204-0210)
第2戦マレーシアGPの初日フリー走行で、Honda Racing F1 Teamのジェンソン・バトンは、午後15番手、ルーベンス・バリチェロは21番手だった。

Honda Racing F1 Team 初日の展開:
初日のセパンサーキットは、午前10時の1回目フリー走行開始時点で、気温はすでに32度まで上がっていた。ただし湿度は51%と比較的低く、思ったほど蒸し暑くはない。このセッションでバリチェロ、バトンは短い周回を繰り返しながら、さまざまなセッティングをトライ。19、20番手にとどまった。

午後になると気温は34度、路面温度は51度に達した。午前中はハードタイヤしか履かなかったチームも、このセッションでソフト寄りのミディアムスペックを次々に試していく。そんな中、バトンはハードながら、序盤に総合4番手の好タイムを出す。それに対しバリチェロは、バトンから1秒以上遅れたタイム。後半、二人はソフトスペックに履き替えてタイムを更新したものの、全体順位はバトン15番手、バリチェロ21番手だった。

■ジェンソン・バトン
1回目フリー走行 20番手 1分39秒331
2回目フリー走行 15番手 1分37秒578
「マシンバランスを見つけるのに本当に苦労した1日だったよ。

最初は路面がかなり汚れていたんだけど、段々路面状態は改善されていったから、多くの作業をこなせた。でも、僕らの理想に至るには、まだ時間がかかりそうだ」

■ルーベンス・バリチェロ
1回目フリー走行 19番手 1分39秒234
2回目フリー走行 21番手 1分38秒713
「今日のポジションには、本当にフラストレーションがたまるし、ブレーキングスタビリティーの問題を改善することができず、不調な一日だった。今言えることは、今日のことから学んで、先週のテストを振り返り、解決策を見い出す努力をしなければならない」

■ジャッキー・エッケラート Honda Racing F1 Team エンジニアリング・ディレクター
「先週のここでのテストで改善されたマシンパフォーマンスを、このレースウィークで発揮したいと思っていた。しかし、テストの時に比べて路面コンディションが大きく異なっていたため、マシンバランスを見いだすことが難しかった。セッション終盤で、ジェンソンのマシンは、いくつか進化が見られたが、ルーベンスのマシンは、まだ解決しきれていない問題を抱えている。これについては早急に解決策をつきとめたい」

(Honda Racing F1 Team プレスリリースより)
(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000002-fliv-moto)




・2342関連無料E-Book
関連のレポートはありません

・2342関連のブログ

明日の決算発表予定 - ~大学生DXの初心者のための中国株広... (4月11日23時38分)

本日の安値更新銘柄 - Low Risk 投資 (4月11日22時41分)

日経の行方 - メチャクチャ株日記 (4月11日17時42分)

ケータイコンテンツ事業で権利収入を... - ♪ビジネス★宣伝し隊 バックナンバー (4月11日12時32分)

ケータイコンテンツ事業で権利収入を... - ♪ビジネス★宣伝し隊 ブログ (4月11日12時26分)

ウルトラマン メビウス ネタバレ 2ち... - khjggdrsaef (4月10日21時45分)



スポンサーサイト
別窓 | タレント | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<インテル、次世代プロセッサとWiMAXへの取り組みを説明 | 上昇株キーワード! | 東京外為市場・3日=ドル118円半ば、約1カ月ぶり円安水準>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 上昇株キーワード! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。