スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
桜花賞 - <桜花賞> 坂路で乗られたウオッカは67秒7-14秒7のタイムをマークした。村山助手は「競馬を使った ...
2007-04-04 Wed 00:00
中央競馬G1レース 2006総集編[HD DVD](期間限定特価 26%OFF)【PCHG-10002】=>26%OFF!中...
 「桜花賞・G1」(8日・阪神)、トライアルのアネモネSを制し、本番へと挑む船橋所属のエミーズスマイルが3日、船橋競馬場で追い切りを行った。単走馬なりで4F52秒4のソフトな仕上げ。騎乗した主戦の内田博は「いい走り。これで仕上がる」と満足げな表情を浮かべた。ウオッカを筆頭にダイワスカーレット、アストンマーチャンの“3強桜花賞”に、南関東所属馬として初めて中央クラシックに挑むエミーズが、待ったをかける。
 降りしきる雨を切り裂くように、船橋ダートを栗毛の馬体が駆け抜けていく。キャンターの段階では気負うそぶりを見せたエミーズスマイルだが、スピードが乗ってからは内田博との折り合いもピタリ。

持ったままで直線に入り、手綱はゴール前でわずかに2度、動いた。ほぼ馬なりといえる状態で4F52秒4のソフト仕上げだったが、スピード感は十分だ。
 内田博が好感触を伝える。「気合を入れれば伸びそうな手応え。時計を出したくなかったので、抑えが利いたのもよかったね。これで仕上がると思う」。現在で440キロ程度の馬体を維持するためのソフト仕上げ。見守った出川龍師も「前回と比べると時計的に物足りなく思えるけど、今回は長距離輸送がある。こんなものでいいのでは」と意図通りの追い切りに笑顔で出迎えた。
 追い切りをクリアし、残る課題は阪神への輸送だ。2歳夏は道営に所属。盛岡への輸送も経験しており、馬運車での移動そのものは問題ない...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070404-00000010-dal-horse)




・桜花賞 ウオッカ関連無料E-Book
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ほしのあき -  まさにイメージDVD界の救世主――。 先週1日、ゴールデン・アロー賞(日本雑誌協会主催)の授賞式で、ほ ... | 上昇株キーワード! | グローバル高配当株オープン - 【社説】韓米FTA生かすには韓国経済の実力向上欠かせない>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 上昇株キーワード! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。