スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
日銀決定会合で景気シナリオ検討、賃金・物価動向が議論の的に
2007-04-13 Fri 22:22
日本経済の構造的危機
 [東京 4日 ロイター] 日銀は9、10日開催する金融政策決定会合で、4月末の「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)の発表に向けて今後2年間の景気シナリオを議論する。07年度は潜在成長率を上回る2%程度の成長が5年目に入る可能性が高いとみているが、この流れを阻害しかねない米国経済動向やIT調整などのリスクの点検を行う。
 その上で新たに08年度の成長率と物価見通しをどう考えるか議論する。金融政策変更の時期を探る上で重要になる賃金、物価の上昇傾向が鮮明となる時期や、家計部門に力強さが出てくるタイミングなどがポイントとなりそうだ。今回会合で0.5%の翌日物金利の誘導水準は、現状を維持する見通し。


 <07年度も企業部門けん引役に2%成長続く>
 2日発表された短観について日銀では「景気がほぼ高水準で推移していることが確認できた」(複数の幹部)と見ている。景況感の悪化は、調査時期が世界同時株安や米景気不透明感の高まりと重なったことで影響が出た、との見方が日銀内の大勢だ。
 また、企業の慎重姿勢が強まり、事業計画が弱めに出たものの、今後上方修正されるとみていることから、こうした点を不安視する声は少ない。全体として設備投資計画の強さや雇用・設備判断の需給からみて「企業部門の好調さを裏付ける内容」(武藤副総裁)と判断している。
 このため景気のシナリオは「昨年10月に示したシナリオとそれほど変化はない」との見方が多い...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




・世界同時 株 安関連無料E-Book
関連のレポートはありません

・世界同時 株 安関連のブログ

日経225先物究極システムトレード - 情報商材激安販売 情報商材購入なら安... (4月13日20時56分)

4/12(木)後場:エイチアイが大... - 相場雑感 - BRICsバブル崩壊でも元気... (4月12日15時26分)

大沈没 - デイトレ自習帳 (4月12日15時22分)

受難日前のTSUNAMI - Bon Voyage~航海☆日誌 (4月6日8時19分)

3日ぶりに反落 米雇用統計を控え様子... - S*TRADE (4月5日20時56分)

世界同時より今後注意しなければ... - 株式で稼ぎた~い! (4月5日19時57分)



スポンサーサイト
別窓 | タレント | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<記者クラブ「放送記者会」はジャーナリストの集団だろうか・・・ | 上昇株キーワード! | 【ドイツ】シーメンス、自動車部品部門の分社延期>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 上昇株キーワード! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。