スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
<投資信託>3月の資産残高、8カ月連続で過去最高を更新
2007-04-14 Sat 20:27
葬送行進曲が聞こえる
 13日午後(日本時間14日未明)に米ワシントンで開かれる先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で、欧州諸国を中心に再び円安・ユーロ高批判が高まる懸念が出てきた。日銀の超低金利政策を“円安誘導”とする不満さえもくすぶっている。G7の焦点を探った。

 会合では、世界景気を牽引(けんいん)する米国経済の行方が議論の中心となる見通し。2月末の世界同時株安をきっかけに米経済の先行きに不透明感が台頭しているためだ。

 為替問題については、「個別通貨の水準が議題に取り上げられることはない」(財務省幹部)との見方が多いが、11日の東京市場では対ユーロで一時、1ユーロ=160円18銭まで上昇し、1999年のユーロ導入以来の最安値を更新。

「輸出競争力の低下につながる」と不満を募らす欧州勢を再び刺激しかねない。

 お金は金利の低い国から高い国に流れるのが基本。ヘッジファンドなどが低金利で借りた円を売って高金利の国の株式や金融商品に投資する「円キャリー取引」の拡大も円安の背景となっている。このため「円キャリー取引にからんで日銀の低金利政策が話題に上る可能性はある」(三菱総合研究所の後藤康雄主席研究員)との声も出てきた。

 円売り・ユーロ買いが活発化している最大の要因は、欧州中央銀行(ECB)の利上げ観測だ。ただ、「欧州の金利は景気を冷やすレベルに近づき、日本に比べると利上げの余地は少ない」(第一生命経済研究所の嶌峰義清主席エコノミスト)との見方から、むしろ円キャリー取引の解消に伴う円高への急反転を警戒する向きもある...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




・世界同時 株 安関連無料E-Book
関連のレポートはありません

・世界同時 株 安関連のブログ

#1852 週末恒例、相場を読む - ニューロンとワイヤの狭間から (4月14日8時31分)

のキーワード - (株)com (4月6日15時27分)

海外コメント - 情報トレンド24 (4月14日8時8分)

1日たった5分で稼ぐ「日経225先... - kurumimamaのお小遣いゲッチュ♪ (4月13日23時43分)

今日の観察 - オリワンのたわごと (4月13日23時10分)

4月13日の市況 - 書庫?? (4月13日16時27分)



スポンサーサイト
別窓 | タレント | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<◎洋生菓子店の閉鎖、87店に=菓子販売、10日本格再開―不二家 | 上昇株キーワード! | 【リリース・輸送用機器】フィアット、アルファ159スポーツワゴンを発売>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 上昇株キーワード! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。