スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
[ベトナム]第2の投資ブームに沸く 重点はハノイなど北部
2007-04-15 Sun 16:51
【ミッフィーの愉快な仲間たち】ブルーナファミリー ぬいぐるみゾウ

 【バンコク藤田悟】ベトナム経済が「第2の投資ブーム」に沸いている。昨年の外国投資額は過去最高を記録し、過去2年に続き今年も8%台の高成長率が予想される。政府は、今年1月の世界貿易機関(WTO)加盟実現に合わせ、新たな経済改革を進める中で、90年代に南部が中心だった投資をハノイを核とした北部に誘致することに重点を置いている。

 ハノイ郊外にある台所用品製造会社「ゴールド・サン」。11年前の創業時に20人だった従業員は現在、約700人。来年4月に上場を目指す。「外国からの注文も増え、昨年の利益は前年比80%の伸びです」とビン社長(39)は胸を張る。06年には投資の7割以上が北部に集中している。


 ブームは中国への投資リスクを分散する「チャイナ・プラスワン」に浮上したのが要因だ。新型肺炎SARSや反日デモの発生で、中国以外にも拠点を確保すべきだという考え方が日系企業などに広がり、国別の外国直接投資額(05年)では台湾や韓国を抜いて日本が1位となった。ジェトロ・ハノイ事務所の石渡健次郎所長は「政治が安定し、中国に比べて賃金が安いのが魅力」と言う。ハノイの日系企業数は240社とホーチミンの350社に迫る。

 政府は09年までに国営企業をすべて株式会社化する計画で、急速な上場ラッシュが続く。アジア開発銀行ベトナム駐在員事務所の小西歩所長は「経済改革は評価できるが、効率性が低く、インフラ整備や、官僚主義の改革が必要」と指摘する...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




・ベトナム関連無料E-Book
関連のレポートはありません

・ベトナム関連のブログ

「そこまで言って委員会」DVDがオ... - 老クレーマーの単身赴任日記 (4月15日16時25分)

渡部亮次郎のメイル・マガジン 頂門の... - 猫ジジイのたわごと (4月15日16時8分)

インサイダー取引 事例 - 東京証券取引所との付き合い方 (4月15日16時4分)

雪がやんだ - ブラスパな日々 (4月15日15時52分)

アジアのエナジードリンクたち - アジアを旅しよう!2号館 (4月15日15時26分)

ガイアの夜明けでBRICSの代表格... - 話題のトレンドワードを読み解く (4月15日15時22分)



スポンサーサイト
別窓 | タレント | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<高岡早紀 海老蔵は「友達」 | 上昇株キーワード! | なでしこ白星発進…北京五輪女子サッカーアジア最終予選>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 上昇株キーワード! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。