スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
桜花賞 -  「桜花賞・G1」(4月8日・阪神)1週前追い切り、地方・南関東から初めてJRAのクラシックへ挑む船 ...
2007-03-23 Fri 14:50
20世紀の名勝負100 vol.2 感動編
 牝馬クラシック第1弾「第67回桜花賞」(8日、阪神)で地方馬初の中央クラシック制覇を狙うエミーズスマイルが3日、船橋競馬場で追い切られた。阪神への輸送を考慮して単走でセーブした内容ながら動きは軽快。桜の舞台へ向け態勢は整った。

 未明から降り出した雨で湿った船橋ダートコースに小柄なエミーズスマイルが姿を現した。鞍上には内田博。ゆっくりとダクで体をほぐしキャンターへ。ハミを取ってからは外にモタれる面を見せたが、ペースを上げると真っすぐ走り始めた。単走で半マイルからスタートし最初のラップは14秒3。しっかりとした脚取りでさらに12秒5のラップを刻む。余裕ある手応えで直線を駆け抜けると、ゴールを過ぎた後も1、2コーナーまで勢いを持続させ最終追い完了だ。



 時計は4F52秒4~3F38秒1(馬なり)。出川龍師は「上がり3F重点。この馬の今までの時計を考えると数字的には物足りないだろうが、長距離輸送があるからこれでいい」と予定通りの内容に笑みを浮かべる。調教に初騎乗の内田博も「抑えが利いたし、気合を入れれば伸びそうな感じで反応も良かった」と好感触を口にした。

 道営から船橋に移籍後はすべて中央の芝に挑戦。寒竹賞では牡馬を一蹴し、アネモネS快勝で桜切符をゲット。地方所属馬が桜花賞に出るのは門戸開放元年の95年に笠松のライデンリーダーが出走して以来12年ぶり。南関東所属馬の中央クラシック参戦は牡馬を含めて初の快挙だ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070404-00000026-spn-spo)




・桜花賞 エミーズスマイル関連無料E-Book
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
別窓 | 競馬 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<グローバル好配当株オープン -             前営業日比  売買代金/出来高概算 ハンセン指数(香港)  大引け   ... | 上昇株キーワード! | 長澤まさみ - 桑田佳祐、山下智久と長澤まさみと共演>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 上昇株キーワード! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。