スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
突撃レポート!(後編)――横浜のWiMAX実証実験は新局面に!
2007-04-29 Sun 12:01
ユビキタステクノロジーのすべて
 「現在40か国以上でトライアルを行っており、全世界でWiMAXの検証が行われている状況です。今回の新ソフトウェアリリース(W2.1)では、全世界から2.5GHz帯で1か所、3.5GHz帯で2か所FOA(First OFF Aplicastion)カスタマーにご協力いただいています。2.5GHz帯ではアッカ・ネットワークスで新しいシステムの開発検証をおこなっています」
 日本アルカテル・ルーセント社BWA Sales and Marketing マネージャーの鈴木春菜さんは、このように説明する。

 編集部が現地を訪問した時、FOAという新たな局面にはいる時期に遭遇した。FOA(First-Off Application)とは、新しいフィーチャーが実装されたリリース前のアプリケーションで、世界に配布する前にフィールドテストを行うためのもの。

メーカーにとってはフィールドテストにおいて貴重なデータをいち早く入手でき、テストする側は世界に先駆けてより知識を深めていくと同時に実際の商用化に近づいていく状況を確認することができるなどのメリットがある。今回のバージョンはギリシャ、カナダと、ここ日本の3か国でテストされている。当然、First-Off Applicationに対する仏アルカテル・ルーセントの期待度も大きく、本社から4名の技術者が来日し、共同で実験にあたっている。そのとりまとめ役が、前編で登場したFirst-Off Application ManagerのEric SALOMON氏というわけだ。

 SALOMON氏は
「グローバル(3か国)で提供しているソフトのパフォーマンスは同じですが、現地のリクエストによって内容は若干異なります」「(実験環境としては)ギリシャでは、アテネで実施しているので、横浜と同じような都市環境...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




・wimax関連無料E-Book
関連のレポートはありません

・wimax関連のブログ

Samsung SPH-P9000の予習復習MOVIE - PDA×TPO@物欲狂抑鬱症 (4月22日23時13分)

パナソニックモバイル、WMV対応の「P9... - 個人投資家・デイトレーダー必見!注... (4月22日20時19分)

インテル、ノートPCプラットフォー... - 25時間パソコン生活 (4月22日14時27分)

Nokia減益、粗利益率は改善 - ソフトバンク携帯電話の料金や携帯新... (4月22日1時59分)

インテル最新技術クイックレビュー―... - 携帯電話.com (4月21日3時41分)

“ウルトラ3G構想”とは - 気になるキーワードや製品のコレクシ... (4月20日23時24分)



スポンサーサイト
別窓 | タレント | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<●2007年第1四半期のソフトウェア製品などの脆弱性関連届出状況を発表(IPA) | 上昇株キーワード! | 新機能追加!動画でわかるGMSプリント [株式会社グローバルメディアソリューション]>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 上昇株キーワード! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。