スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
長澤まさみ - 山田と塚本はドキドキ? 長澤まさみ、美女オーラムンムン
2007-03-25 Sun 14:14
 22日、『いま、会いにゆきます』の市川拓司原作による、『そのときは彼によろしく』の製作報告会見が、東宝スタジオで開催された。主演の長澤まさみ山田孝之、塚本高史らが記者会見に登場し、現在撮影真っ最中の本作にかける意気込みや共演者とのエピソードを披露した。 今回最も注目されているのは、ヒロイン役にふんした長澤まさみの変ぼうぶりだ。今まで長澤は『世界の中心で、愛をさけぶ』『涙そうそう』など、ピュアな“妹キャラ”路線の役を演じてきた。しかし、本作ではトップモデル役ということもあり、かなり大人っぽい女性を演じる。演じる長澤は、大人っぽいしぐさを披露することに「気恥ずかしいです」とテレながらも「10代最後の作品なので、今までとは違う一面を見せたい!」と意欲満々。

 共演者の山田は、大人っぽい長澤の印象を聞かれると、ちらちらと長澤を見ながら「大変大人っぽい女性だと思います」としどろもどろ。塚本は「まだ実際に共演していないからなんとも……」と答えを濁しつつも、ジーパンをブーツインして革ジャンを羽織っている長澤のファッションをしげしげと眺め「(すでに)大人っぽいと思う」と照れくさそうにコメント。2人ともぐっと大人っぽくなった長澤に緊張気味だった。 本作は、13年ぶりに再会した幼なじみの3人を中心に、目に見えない力で引かれ合っていく男女の思いと、命の尊さを描いた切なくも美しい感動作。1月7日にクランクイン、2月末にクランクアップし、4月上旬の完成を予定している...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


■■


・長澤まさみ 山田孝之関連無料E-Book
関連のレポートはありません

<% ipc %>
スポンサーサイト
別窓 | タレント | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<桜花賞 -  アストンマーチャンは坂路1本を1F15秒台のラップで駆け上がり、4日の追い切りに備えた。ヴァーミリ ... | 上昇株キーワード! | 夏帆 - ひかり荘ゲストにスキーペア真島理一郎や夏帆らが登場>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 上昇株キーワード! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。