スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
株 - 3月の新規投信設定は59本で5752億円、大和住銀投信「アジア好配当株F」が牽引
2007-04-04 Wed 19:23
3連複の攻め方が分かった!
 [東京 14日 ロイター] 野村アセットマネジメントの式運用部シニア・ファンドマネージャーの青木英之氏は、配当利回りと期待増配率の観点から、世界の式のなかでも欧米の金融、医薬品銘柄が投資対象として魅力的であるとの考えを示した。ロイターとのインタビューで13日に語った。
 米国でサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手への融資)セクターへの懸念が広がっているものの、青木氏は、欧米の金融大手は伝統的な銀行業以外に多岐に渡る収益源を持っており、M&Aブームの恩恵を受けている投資銀行業務を含め手数料収入の収益貢献度が大きいと指摘。「金融セクターは中・長期の配当の成長性と利回りで考えるとかなり魅力的」と述べた。


 <組入上位に欧米金融大手>
 青木氏は、日本を含む世界の式を投資対象とする投資信託11本、約7100億円の資産を運用している。なかでも最大なのは1月末設定の「世界好配当投信(毎月分配型)」。年金受給世代などの定期分配金ニーズを捉えたこともあり、2月末までに純資産が3600億円を超えるなど大型化している。同ファンドの2月末の組入比率はHSBC Holdings <HSBA.L>が2.4%、Bank of America <BAC.N>が2.3%、Citigroup <C.N>が2.3%と、欧米の金融機関が上位3位を占める。  
 青木氏によると、同3銘柄の配当利回りは4─4.3%と北米企業の平均配当利回りである1.8%や欧州の2.8%を大幅に上回っている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000154-reu-bus_all)




・好配当 株関連無料E-Book
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
別窓 | 株情報 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<飯島愛 - 飯島愛、“引退スペシャル”で涙のメッセージ | 上昇株キーワード! | 株情報 - 【ドラマが好き!】オタク・ヤクザがね、いい味出してる (セーラー服と機関銃)>>
この記事のコメント
こんにちは

いつも役立つ情報ありがとうございます


私もサイトを開設しましたのでもしよろしければ

一回見に来てください


ではこれからも良い情報待っています


ではがんばってくださいね

2007-04-04 Wed 19:42 | URL | 株で稼ぐ野郎 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 上昇株キーワード! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。