スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
グローバル好配当株オープン - 再送:住信アセット、毎月分配型「世界好配当株オープン」を4月20日設定
2007-03-22 Thu 09:54
NewSDポケコン馬券術
 [東京 28日 ロイター] 日本郵政公社は、郵便局で販売する投信の第3次公募で、国内好配当式ファンドの運用会社にフィデリティ投信を、ターゲットイヤーファンドに野村アセットマネジメントを選定した、と発表した。
 郵政公社は2005年10月から郵便局での投信販売を開始。現在9本の投信を扱っており、今回の第3次公募であらたに2本が追加され、合計11本のファンドを取り扱うことになる。新商品の取り扱い開始は6月11日から。575局でスタートした投信の取り扱い郵便局数は、1155局にまで拡大。郵政公社では07年度中に取り扱い局を1553局にまで拡大する予定で、販売額の見通しとして09年度に1兆8669億円、残高で4兆8796億円をターゲットにしている。


 国内好配当式ファンドで選定されたフィデリティ投信が提供するのは「フィデリティ・日本配当成長投信」(仮称)。平均予想配当利回りが市場平均を上回る国内式銘柄を主な投資対象とし、高水準の配当収入と中期的な値上がり益を原資に年4回の決算時に分配を目指すファンド。
 一方、野村アセットのターゲットイヤーファンドの名称は「野村資産設計ファンド」(仮称)。国内外の式、債券、不動産の6資産(インデックスファンド)に分散投資し、いわゆるリタイアメント時期にあたるターゲットイヤー(2015年から2040年の間で5年刻み)にあわせ、資産配分比率を自動調整する仕組みになっている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000990-reu-bus_all)




・好配当 株関連無料E-Book
関連のレポートはありません

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ほしのあき - | 上昇株キーワード! | 桜花賞 -  「桜花賞・G1」(4月8日・阪神)1週前追い切り、地方・南関東から初めてJRAのクラシックへ挑む船 ...>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 上昇株キーワード! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。